グレインフリー/キャットフード/おすすめ

MENU

 

 

 

【グレインフリーのキャットフード初めて購入するときの注意点】

 

グレインフリーを猫に!おすすめと売れ筋はこちら

 

猫を飼われている方全般ではないと思いますが、猫の好き嫌いはけっこう激しいと思いませんか?

 

ペットフードひとつとっても気に入らないと食べない。
絶対に食べないんですって声を聞きます。

 

今、ペットの健康意識を高く持っている飼い主さんはグレインフリーのフードに変えて行ってる方多いですね。

 

好き嫌いの激しい猫は、けっこう病気もしがちなんですよね。特に腎臓の関する病気が多いですよね。

 

もともと猫は砂漠地帯に住んでいた動物のようで、水分をあまりとらなくても大丈夫なんですって。
なので今でも、尿は少なめで濃いんだそう。
この濃い尿というのが結晶化しやすく、尿路疾患を引き起こすんだそうです。

 

それにプラス、今の時代のキャットフードやおやつで塩分過多になってしまったりなどが原因なんだそうですよ。

 

もともと腎臓に負荷がかかりやすい体質なんですね。

 

ではどうしてあげたらいいのか?
水分を多めに与える工夫と、穀物を除いたグレインフリーのキャットフードなのではないでしょうか?

 

 

グレインフリーのキャットフードで海外で人気なのは?


穀物は猫には必要ないという意見は今や世界で常識になってるんでしょうか?

 

ペット先進国のドイツやスイス、スウェーデンでも猫の食事にはとても関心があるようです。
ドイツでは人間の食材を使わなくてはいけないという法律まであるようですよ!

 

その他にもアメリカやイギリスも、キャットフードには厳しい安全基準があり飼い主さんが安心してペットにご飯をあげれるようになっているようですね。

 

日本でも最近はやっと猫に穀物を与えるのは、良くないと認識されてきましたね。
特に猫はデリケートなので、病気の予防を考えると子猫の時からご飯は安全なものを与えたいですね。

 

 

グレインフリーのキャットフード。国産で売れ筋は?

 

国産でグレインフリーのキャットフードを探すのはなかなか難しいことですね。
無添加や原材料にこだわっているなどのキャットフードは簡単に探す事ができるのですが
グレインフリーとなると、海外のものが多くなりますね。

 

それだけ、海外は穀物フリーに対する意識が高いのでしょう。

 

 

 

↑目次へ戻る